パセコ(PASECO)のストーブcamp-25がすごい!冬キャンプも高出力でぽっかぽかですやん

paseco-camp-stove

こんにちわ!たぬきねこです(∩´∀`)∩

今回はPASECO(パセコ)から新発売されたストーブ「camp-25」を実際にキャンプ場で使ってレビューしていきます☆

冬キャンプでも電源サイトを選べば、ストーブが無くてもホットカーペットやハロゲン等で暖かく過ごす事もできるのですが…

  • 電源が無いサイトでも暖まりたい
  • ストーブで調理したい
  • かっこいいストーブが欲しい

そんな思いからパセコのストーブ「camp-25」39,600円(税込)を購入しました

ちなみにパセコは韓国の暖房器具やキッチン用品、キャンプ用品を扱っている老舗メーカーです

使ってみて感じたおすすめポイントと残念な点はこちら

  • ガンダムのような見た目(無骨)
  • バカ暖かい(高出力)
  • 収納時コンパクトに出来る
  • 家の中では使えない(JHIA認証未取得)

では上記のポイントを踏まえて早速パセコのストーブcamp-25を詳しくレビューしていきます!

スポンサーリンク

パセコのストーブ CAMP‐25Sのスペック

カラーはブラックとグリーンの2色展開でグリーンはアーミーグリーンな色合いでキャンプ場でも馴染むカラーだよ

出力6.4㎾/h
点火方法自動点火装置(単2電池×4本)
タンク容量7リットル
燃焼消費量0.65リットル/h
燃焼時間約10時間
重さ11.5㎏
使用場所屋外使用専用
耐震自動消火装置も付いてます

製品サイズは→φ445×440〜570(ゴトク取り付け時:615)(mm)と結構大きく場所を取ります

上記以外の特徴は五徳の取り外しが可能で、収納時はコンパクトになるところ↓↓

stove-pic
大きい時~
compact-mode
小さい時~

ストーブ横に付いているハンドルを押さえながらグッと下げるとこんな風に小さくなります

メジャーで計測すると、だいたい61㎝→48㎝になりました(五徳付けたまま)

収納時には、五徳を付けたままコンパクトにした状態で別売りの専用のケースに収まります

専用のケースの色も良くて出し入れもしやすいよ

ただこちらのストーブのデメリット…

パセコの対流型ストーブcamp-25は、まだ「JHIA認証」を未取得っ!!

て訳で、屋内では使用できないのでご注意を

※JHIA認証とは:日本産業規格に基づく検査基準で石油燃焼機器の及びペレット燃焼機器の認証

パセコのストーブで調理してみよう

今回はお家で仕込んだおでんの温めなおしに使用。憧れのストーブでコトコトおでん☆

だけど残念なことに、五徳をお家に忘れてきてしまい鍋を直置きすることに…

高出力なこのパセコのストーブに直置き。そうです、火力が強いから鍋なんてすぐにグツグツです

おでんコトコトしたかったのに、出汁がすごい勢いで蒸発していくグツグツおでんになりました

cooking-stove

お鍋を置いてじっくりコトコトしたいときは、五徳を付けたまま調理するのが良いですよ!!

教訓「五徳を忘れるな」

ケトルで湯沸かしならティファールぐらい早く沸かしてくれそうな高出力です

調理としての働き、ひとまず合格です☆ガスコンロぐらい使えます(;´・ω・)

ストーブをテント内で使う時の準備と使用感

次は就寝時でのテント内使用を検証だっ!!(テントはogawaのグロッケ8で使用)

うちのテントはこんな感じのワンポールテント↓

tent-ground

今回レビューしてるストーブに関わらず、テント内でストーブ使用時の注意点はこちら

  • 換気の為、テントのベンチレーションを開けておく
  • ストーブの暖かくなった空気がテント上部に溜まらないようにストーブファンを使用
  • 一酸化炭素チェッカーをテント内に設置
  • ストーブ背面にリフレクター(反射板)使用

実際に我が家で使っているものも紹介しておきますね(∩´∀`)∩

ストーブファンの有無で、テント内の温まり方はかなり違うよぉ~

上記の準備を万端にしてパセコのストーブ、テント内へ入場~

ちなみに外気温4℃で火力は弱にして使ってみました

テント内での使用感は?
  • テント下部のベンチレーション2か所フルオープンにしていたのにテント内ポカポカ
  • ベンチレーションから入ってくる冷気が気持ちいいと感じる
  • 寝袋も用意したが使用せず…タオルケットだけで暖かく眠れる
  • 灯油をフルに入れておけば10時間以上持つので途中で寒くなって目覚める事もない

要するに冬なのに春ぐらいの軽装で眠れるって感じですね~☆

朝起きてテント内の温度チェックすると16℃でした、テント内は春でしたぁ~☆

もう、電気毛布や電気カーペットとか欲しいと思わなくなりました私

テント内でストーブを使用する際の注意点をまとめておきますね!

  1. 換気はもちろん、一酸化炭素チェッカーは置いておきましょう
  2. 不安定な場所にストーブを置かない
  3. テントの生地にストーブが近いならリフレクターを使用しよう
  4. 寝てる間に布団等の布製品や手が当たらないように置き場所に注意

テント選びのポイントについての記事も良かったら見て下さいね

スポンサーリンク

他メーカーのストーブはどんなもん?

パセコのcamp-25は、出力が高くて屋外使用でかなり暖かいのですが

  • お家で使えない
  • サイズが大きいので小さいテント(ソロテント)には不向き

それで39,600円(税込)は高いのか?安いのか?専用ケースも別売りですしね(´-ω-`)

我が家はもう購入しているので、他メーカーと今更比べてもどうしようもないんですが…

キャンプでもお家でも使えるストーブを人気のあるものから2点ピックアップしてみましょう☆

newアルパカストーブコンパクト→32,890円(専用ケース付き)

camp-stove-21
サイズ405×350×350
暖房出力3.0kw
重量6.6kg
タンク容量3.7ℓ
燃焼継続時間約10時間

サイズもコンパクトで継続燃焼時間もパセコと変わらないですね?お値段もケース付きで…あれれ?

トヨトミ対流型石油ストーブKS-67H(B)→25,850円(税込

camp-stove-20
サイズ583×482×482
暖房出力6.66kw
重量11.0kg
タンク容量6.3ℓ
燃焼継続時間9.7時間

こちらのストーブは結構サイズも重量もありますね。パセコとスペックは近いですね…え?値段はこっちの方がお安いんですね。しかも安心の日本製☆

たぬきねこ
たぬきねこ

もうこれ以上の比較はいらないね

パセコのストーブcamp-25レビューまとめ

今回はパセコから新発売されたストーブcamp-25をキャンプ場で使った様子をレビューしました

tent-front-stove

ストーブが届いた時に「サイズちょっと大きくない?」って思ったけど、使ってみた暖房としての働きっぷりは買って良かった満足オブ満足です!

収納時コンパクトになるとはいえ、そこそこガタイの良いストーブではありますがその分しっかり場を温めてくれるので、車に積み込む荷物のスペースに余裕がある方にはおすすめできるのでは?と思います。

冬キャンプは防寒対策さえしていれば本当におすすめ!

  • 虫がいない(蚊が)
  • 空気が澄んで星がきれい
  • 夏より人が少なく人気のキャンプ場に行ける

今回レビューしたパセコのストーブはテント内でお座敷スタイルキャンプの時にも大活躍でテントの広さに余裕がある方には是非おすすめ出来る商品だなと思います

小さいお子さんがいたり、テントの広さに余裕が無い方にはストーブは不向きですが。

寒い冬キャンプは、ストーブを囲んで温まりながらお鍋が最高だよっ

皆さんも安全に十分注意して楽しい冬キャンをお過ごしください☆

ではこの辺でバイバーイ(^O^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました