ogawaアポロンSを徹底レビュー!多様な使い方でキャンプがもっと楽しくなるテント

ogawa-apollon-02

2022年ogawa(オガワ)の新作テント出ましたね!

その名も

アポロンS

人気のアポロンのSサイズ版と言っていいのか分からないけど、公式でも

「造形と剛性をそのままに受け継いだ、コンパクトサイズのアポロン」

って書かれてましたわ。そして念願の我が家では始めてのツールームテント購入です!

たぬきねこ
たぬきねこ

アポロンSのおすすめポイントは?

  • ソロ・デュオキャンプに最適な空間
  • 季節を選ばず快適に過ごせる機能性
  • キャンプスタイルが広がる

ではキャンプで2度使ってみた感想や特徴を詳しくレビューしていきたいと思いま~す

スポンサーリンク

ogawa「アポロンS」の詳細

アポロンSは見た目もカッコいいドーム型テント

カラーはサンドベージュ×ダークブラウンで自然に馴染むカラーです↓

camp-tent-10
コンパクトに見えて中は十分の広さよ

アポロンSのスペック

収納時→70×32×32㎝

総重量→17.29㎏(付属品含む)

※付属品は

張り網・アイアンハンマー・スチールピン・収納袋

価格:121,000円(税込)

アポロンSの優れたポイント3つ

アポロンのポイントをまとめると

  • インナーテントが前後どっちでも取り付けれる
  • 全面フルメッシュ&フル解放できる
  • サイドパネルは巻き上げ収納も立ち上げる事も出来る
奥にインナーテントを吊り下げた様子はこちら★

吊り下げ式のインナーテントは簡単に取り付けできるので、夏は寝るまで取り付けずに広々タープとして中で過ごす事もでき全面フルメッシュにできるので風通しもバッチリ👌✨

インナーテント無しだと更に解・放・感っ

インナーテントも全方向を全メッシュ&全開放できるって事は??

サイドをすべて立ち上げなくてもパネルを巻き上げておけばテント内からの眺めも最高なんです↓

こちらはインナーテント内からの眺め(朝焼けver.)

アポロンSの設営&撤収は慣れれば簡単

さすがに1人では設営も撤収も大変かなぁ~って感じた150㎝の私ですが、

慣れれば1人で出来ない事はないよ☆

設営に関して、わたしの様なおチビさんには

  • サイドのポールを通す
  • フライシートを付ける

この2点が高さのある作業なんで時間はかかる(背伸びし続ける作業です)

撤収はポールをポンポン抜いて生地を折りたたむだけの簡単なお仕事よ(/・ω・)/ホレホレ

スポンサーリンク

オガワ「アポロンS」はテント内で過ごしたくなる

焚火をするのが大好きなたぬきねこ夫婦ですが、アポロンを購入してからテント内で過ごす時間が増えました☆(冬キャンプでデビューさせた事もあるけどね)

  • インナーテントを付けていてもお座敷スタイルが快適にできる空間
  • テントの天井が高いからストーブなどの置き場所に困らない
  • サイドをメッシュにしておけば解放感もあり虫(蚊)を避けられる

よほど雨予報でもなければ別でタープを張る必要もなく、暑い日も寒い日も安心・快適ってわけ

寝るスペースと前室が同じぐらいの広さ

ソロ・デュオキャンパーにはこれ以上ないぐらいベストな広さっ!!

でも公式では収容人数の目安は2~3人となっていますが、大人3人がインナーテントで寝るのは…

「キッチキチやで」

でもインナーテントの取り外しが出来るから、インナーを使わずにコットやマットレスで寝るなら3人で川の字スタイルで寝る事も可能☆

寒い冬キャンプもテントにスカートが付いているので、外からの雨風を防ぎテント内の暖かさを保持してくれます

にじくも
にじくも

「テントのスカート」っていうのは

写真右下のテント下部にあるヒラヒラの事だよ

インナーテントを使うと、遮光性も上がり朝日で眩しく目覚める事もないのも嬉しい!

色んな使い方、楽しみ方が広がる「アポロンS」

そんな良い点ばかりじゃ無いだろうと…

2度アポロンSを使って気づいたデメリットについても書いていきましょう

オガワ「アポロンS」にデメリットはあるのか?

どっしゃ降りの雨の日にキャンプをして気づいた事なんですが、

インナーテントは独立しているので雨の日に浸水してくることは無いんですが、

テント自体は床にシート等無いので、テント下に銀シートを敷いてから設営したんですが大雨だと浸水してきます…

銀シートの上にラグを2枚重ねて敷いていたんですが夜間には雨を吸ってベチョベチョになってました(ノД`)・゜・。

別売りのグランドマットやPVCマルチシートがあれば雨の日に前室が守られるのかもしれません

わたしは「雨の日はお座敷スタイルは諦めて土足で過ごす」で解決しましたけどね☆

デメリット報告は以上で~す

ogawaアポロンSと他社の2ルームテントを比較

2ルームテントは人気のある型なので比較対象も多いですが、今回は人気ブランドからソロやデュオで使う想定で

【サイズ感・機能性が近そうなもの】を何点かピックアップしてみます☆

①スノーピーク(snow peak)のエントリー2ルーム エルフィールド TP-880R

②ディーオーディー(DOD) カマボコテント 3S

ogawa-apollon-22
DOD公式HPより参照

価格:53,900円(税込)

収容人数:3人

③コールマン(Coleman)タフスクリーン2ルームハウス

どのテントもogawaのアポロンSと比較しても機能面では大きく差はない感じ?

メッシュに出来る面積が多少違うぐらいで、インナーテントの取り外しも出来てソロやデュオキャンプにはどれも快適に使えそうですね

我が家がogawaのアポロンSに決めたポイントは「ogawaが好きだから」

価格や見た目、機能性ももちろん重要だけど好きなブランドの物を買う満足感もありますよね??

それぞれのテントの詳細が気になる方は、公式HPで確認してね☆

小川「アポロンS」の快適さを味わって!

今回はオガワの新作テント「アポロンS」を2度キャンプで使ってみてレビューしてみました

たまたま天候が真逆な2度の設営だったので気づけたデメリットもあり自己満足です

実際デメリットとは言っても絞り出した感があり、最高に気に入っている私。

ドーム型テントの快適さに加えて、多様なスタイルに合わせて使える優秀テント「アポロンS」

ソロやデュオキャンパーには是非使ってみて欲しい!!

前面フルメッシュにしてインナーテントに寝転がって見える景色は最高ですよっ

また今後も「アポロンS」を使って情報を追記していこうと思います☆

長年愛用中のogawaのワンポールテント「グロッケ8」についてもレビューしているので気になる方はチェックしてね☆

ではこの辺でバイバーイ(^O^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました